【大井川鐵道】2017年3月11日(土) 井川線 接岨峡温泉駅~井川駅間が922日ぶりに復旧

大井川鐵道

2014(平成26)年9月2日、閑蔵駅付近で起こった土砂崩れのために不通となっていた接岨峡温泉駅~井川駅間(距離15.5キロ)の復旧工事完了の目途がたち、本年3月11日(土)の初列車より平常運転を再開する。

実に922日ぶりの井川線25.5km全区間開通となる。

日本一高い鉄道橋『関の沢橋梁』や秘境駅『尾盛』など、井川線の魅力が再び楽しめるようになるほか、開通記念イベントなども予定されている。

 

運転再開日・時刻

平成29年3月11日
千頭駅発井川駅行き初列車より

 

運転再開区間の見どころ

秘境駅 「尾盛駅」
接岨峡温泉駅の次の駅。人里離れたところに存在し、駅まで通じる道路もない“完全な秘境駅”。以前はダムや発電所建設の作業員宿舎が使用されていた。
平成25年度の1日平均乗降人員は1名であった。

omori2

 

 

関の沢橋梁
尾盛駅と閑蔵駅の間に掛かる鉄道橋としては日本一(河床からの高さが70.8m)の高さを誇る。川根本町と静岡市との境界でもあり大井川の支流関の沢川にかかる橋梁。

左右の車窓をゆっくり見られるよう「井川行き」のみ徐行運転をおこなう。

sekinosawa

 

 

 

閑蔵駅から井川駅間の渓谷
大井川鐵道(本線・井川線)で一番長い駅間(5キロ)がこの区間。川沿いの渓谷が続く場所で、井川線の線路から大井川水面までの高さがあり、渓谷が深い区間となる。
新緑や紅葉の季節が美しい。

kanzo_ikawa

 

 

終点駅 「井川駅」
終着駅井川は静岡県の普通鉄道の中で最も海抜の高い駅(686m) 。近くには発電を始めて約50年が経過する中部電力のダム「井川ダム」がある。

ikawaeki

 

 

 

 

部分運休の経緯

2014(平成26)年9月2日、閑蔵駅の南およそ600m付近で土砂崩落が発生。崩れた土砂が線路を覆っているのを巡回中の係員が発見。
当初、土砂はおよそ200立方メートルと見られていたが、二次災害も想定されたことから慎重に慎重を重ねて復旧作業が行なわれた。
復旧までにおよそ2年半の期間を要することとなったが、この度全区間の開通が決定。

 

 

全線開通記念イベントを開催

[1] 3月11日(土)、12日(日)の2日間『SLフェスタin千頭』

井川線全線開通に合わせ千頭駅をメイン会場として、大井川鐵道をより身近に感じられることを目的としたイベント。イベント内容の詳細は未定。

 

[2] 3月18日(土) 『全線開通記念式典』

大井川鐵道と地元自治体が共に3月18日(土)に開通記念式典を行う予定。詳細は後日発表。

 

問い合わせ

大井川鐵道(株)南アルプスアプトセンター
電話0547-59-2137(月~金、9:00-16:30)

 

 

元の記事はこちら