【近畿日本鉄道】 近鉄グループは2025年万博誘致を応援

近畿日本鉄道

(↑※大阪上本町駅地下2階コンコース電照看板)
 
近鉄グループでは、近鉄グループホールディングス株式会社およびKNT-CTホールディングス株式会社が、2025日本万国博覧会誘致委員会のオフィシャルパートナーとして、大阪・関西への万博誘致活動に参画するなど、グループ各社で万博誘致PRを展開している。このたび、本年11月に迫った開催地決定に向けて、より一層の誘致活動の機運醸成を図るため、株式会社海遊館において天保山大観覧車でのライトアップを実施する。また近畿日本鉄道株式会社においてはラッピングトレインを運行することになった。
天保山大観覧車のライトアップでは、5月24日(木)19時30分から、これまでで最大規模※となる直径約100mの万博誘致ロゴマークを観覧車に映し出す。(※ポスターや壁面装飾、ラッピングなどで掲出された2025万博誘致ロゴマークとして、最大の大きさとなる。)
 
また、近畿日本鉄道のラッピングトレインは、5月24日(木)と5月26日(土)から2編成、計10両に万博誘致ボディステッカーを掲出し、近鉄大阪線・奈良線・京都線、阪神なんば線など、2府3県(大阪府・京都府・奈良県・三重県・兵庫県)を走行。併せて、車内ポスターや駅吊り下げパネル看板などの掲出も実施する。そのほか、近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店においても、6月6日(水)から2階歩道橋入り口への看板などの掲出によりPR活動を展開。
 」
近鉄グループでは、大阪・関西の発展に大きく貢献する2025年日本万国博覧会の開催を実現するため、今後も様々な万博誘致PRの取り組みを実施していく。
 

 
1. 天保山大観覧車 万博誘致PRライトアップの概要
【点灯期間】 5月24日(木)~11月(開催地決定前日まで)
【点灯時間】 日没頃~22時
※5月24日(木)は、19時30分から点灯。 ※天保山大観覧車は日没頃~22時の間、常時ライトアップしているが、毎時 0、15、30、45 分から流れるプログラムの中で、各回「万博誘致 PR コンテンツ」(1 分 30秒)が 2 回流れる。
【内 容】 万博誘致ロゴマークと「EXPO2025」の文字が交互に流れる。
【位 置 図】 天保山マーケットプレース東側(天保山ハーバービレッジ内)


 
○天保山大観覧車
天保山マーケットプレース東側に位置し、世界最大級の高さ112.5mを誇る「大観覧車」。晴れた日には、東は生駒山系、西は明石海峡大橋、南は関西国際空港、北は六甲山系まで一望できる。
【直 径】 100m
【地 上 高】 112.5m
【最大定員】 480名(8名乗×60台)
【一周の所要時間】 約15分
【開 業】 1997年7月12日
【運 営】 株式会社海遊館、泉陽興業株式会社
 
2. 近畿日本鉄道でのPR活動の概要
(1)ラッピングトレイン
①奈良線・京都線・橿原線・阪神なんば線などの走行車両(6両1編成) 5月24日(木)から運行。

②大阪線走行車両(4両1編成) 5月26日(土)から運行。

(2)駅看板
①大阪難波駅東改札口吊り下げパネル看板 5月24日(木)から掲出。

(3)車内ポスター
5月23日(水)から近鉄線全線の電車車内に掲出。

3.近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店でのPR活動の概要
万博誘致ポスター・立て看板などを6月6日(水)から掲出。 (設置場所)1階総合案内所、2階歩道橋入り口など

詳しくはこちら(PDF)