【ジェットスター】ジェットスター・アジア航空 大阪(関西)=クラーク線の定期運航便を就航

ジェットスター

ジェットスター・アジア航空は、3月27日より、航空会社として初めて関西国際空港とフィリピン・クラーク国際空港を結ぶ直行便を週3便(往復)で運航開始した。
 
大阪(関西)=クラーク線路線の就航により、日本=フィリピン間を週最大42便で運航することになり、フィリピンおよび日本におけるジェットスターブランドのプレゼンスが一層高まる。
 
大阪(関西)=クラーク線は全便ジェットスター・アジアが保有するエアバスA320型機(180席)で週3往復運航する。大阪(関西)からのエコノミークラス「Starter」運賃は片道5,960円(注)から。
 
航空券の予約はジェットスター公式ウェブサイト(https://www.jetstar.com/jp/ja/home(URL))へ。
 
■大阪(関西)=クラーク線 運航スケジュール

 
(注)エコノミークラス「Starter」片道運賃。機内持込手荷物は合計7kgまで。支払手数料、空港使用料等が別途必要。燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)は不要。受託手荷物の料金は含まれない。販売座席数には限りがあり、運賃は便および日時によって変動する。諸条件が適用される。
 

ジェットスター・アジア航空について

2004年12月に就航したジェットスター・アジアは、アジア太平洋地域の13ヶ国および地域26都市に就航し、週600便以上運航しています。2017年にOAGより定時運航率ランキングで第8位、AirlineRatings.comより世界で安全なLCC上位10社に選ばれています。
ジェットスター・アジア航空 Twitter:https://twitter.com/Jetstar_Asia(URL)

 
詳しくはこちら(PDF)