【ANA】2018年4月1日から機内Wi-Fiインターネットを無料に!

ANA

ANAは2017年夏より、隈研吾氏監修によるラウンジ改修、プレミアムクラスの食事サービスのリニューアル、また機内Wi-Fiエンターテイメントのラインナップを増やすなど、サービス向上に努めてきた。
2018年4月からは、機内Wi-Fiインターネットの無料提供が開始される。また、無料で楽しめるビデオやオーディオコンテンツなどの機内Wi-Fiエンターテイメントを100コンテンツ以上に拡大。
さらに、A321neo型機に続き、国内線の主力機であるB777・B787型機に順次シートモニターが装着される。

 

1. 国内線「ANA Wi-Fi Service」を拡充

 

(1)「機内Wi-Fiインターネット」を無料で提供。
2018年4月1日より、国内線の機内Wi-Fiインターネットが無料で提供される。機内でのインターネット環境の充実により、Eメール・SNSを通じて仕事先や家族・友達とのコミュニケーションなど、さまざまな利用が可能となる。
また引き続き、国内線ANA Wi-Fi Service提供機材を拡大し、2018年度末までに国内最大規模の約100機にてANA Wi-Fi Serviceを利用できる予定。

 

<機内 Wi-Fi インターネットサービス概要>
対象機種:B777・B787・B767・B737-800・A321型機のすべてのクラス(※下記のロゴが機内入口に添付されている便が対象)
※B737-500型機、B737-700型機、A320型機、DHC8-Q400型機はこのサービスの対象外機材。また国際線機材で運航される便は、このサービスの対象外となる。
※Panasonic Avionics Corporationによる航空機内インターネット接続サービス「eXConnect」を介して提供。通信衛星を利用した通信のため、通信の安定性は地上環境とは異なる。また同時に多数の方が利用した際は、インターネット通信の中断および通信速度への影響がある。

 

 

(2)「機内Wi-Fiエンターテイメント」が更に充実。
現在も無料で提供されている機内Wi-Fiエンターテイメントが2018年4月1日よりさらに充実する。人気ドラマやバラエティ、アニメなどのビデオやオーディオコンテンツが100コンテンツ以上に増加。それに加えて、「ANA SKY LIVE TV」では、国内線において唯一、最新ニュースやスポーツがライブで配信されるほか、「e-books」では雑誌やコミックを楽しめるなど、様々なコンテンツが用意されている。

 

 

2. 国内線機材に順次シートモニターを装着。

 

国内線の主力機であるB777・B787型機へのシートモニター、USB充電ポート(※1)、パソコン電源の装着が2019年度下期以降、順次展開される。
ANAは2017年9月に、ANAの国内線仕様機として初となる全席にシートモニターを完備したA321neo型機を導入し好評を博している。A321neo型機は、現在国内線において2機が運航しているが、2018年度末までに11機となる予定。
※1 USB充電ポートはB767型機・B737型機にも順次導入。

 

 

詳しくはこちら

 

top photo By Afpwong from Wikimedia Commons