【京王電鉄】京王線6駅の駅コインロッカーでDHLの国際宅配便が受取可能に

京王電鉄

京王電鉄株式会社では、12月4日(月)から京王線6駅(笹塚駅・桜上水駅・千歳烏山駅・飛田給駅・聖蹟桜ヶ丘駅・橋本駅)の改札外に設置するコインロッカーにて、DHLジャパン株式会社が配送する国際宅配便の受取りサービスを開始する。

 

これは、駅に既設しているコインロッカーのさらなる有効活用を図り、駅の利便性向上や社会的な課題となっている再配達の削減を目的に実施されるもので、京王地下駐車場株式会社が提供する「駅中受取コインロッカー」の新しいサービス。このサービスにより、個人のお客様が海外通販サイトなどで購入した荷物を受け取る際、DHLのWebシステム(On Demand Delivery)を利用し、配送先をサービス対象駅のコインロッカーに指定すると、駅のコインロッカーで国際宅配便を受け取ることができる。
サービス提供時間内(原則6時~24時)であれば、利用者の都合の良い時間や、配達時間外の夜間から深夜にかけた帰宅途中などにも気軽に受け取ることができる。なお、ロッカーの使用料や配送料などはかからない。

 

国際宅配便受取りサービスについて
利用開始日:12月4日(月)
利用可能駅:笹塚駅・桜上水駅・千歳烏山駅・飛田給駅・聖蹟桜ヶ丘駅・橋本駅(すべて改札外に設置されたコインロッカー)
受取可能時間:6時~24時 ※笹塚駅のみ24時間受け取り可能。
受取可能期間:ロッカーへお届けした日の翌日24時まで受け取り可能。
利用料金:無料 ※ロッカーの使用料はかからない。
利用手順:
①DHLからの通知
受取人へDHLから「お届け予定Eメール/SMS」または、「ご不在連絡Eメール/SMS」が通知される。
②受取場所の指定
DHLのWebシステム(On Demand Delivery)にて、希望する駅のコインロッカーを受け取り場所に指定。
③お届け完了の通知
DHL配送スタッフがコインロッカーに荷物を届けると受取人へパスワードが通知される。
④荷物の受け取り
指定した駅のコインロッカーの操作画面に、パスワードを入力するとコインロッカーの扉が開錠され、荷物を受け取ることができる。

 

詳しくはこちら(PDF)