【京浜急行電鉄】新1000形!約11年ぶりに新造車を全面塗装!赤と白で“京急らしさ”復活!

京浜急行電鉄

京浜急行電鉄株式会社は、2018年1月から順次営業運転を始める新造車「新1000形(17次車・ステンレス車)」において、全面塗装を復活させると発表した。

 

新1000形(ステンレス車)は、京急電鉄における初のステンレス車体として2007年に登場した車両で、京急車両の約3割を占める主力車両。車体はそれまでの全面塗装からフィルムを貼り付ける手法に変更することで、従来の赤い電車のイメージを継承している。

 

近年、鉄道業界では無塗装・フィルム貼りのステンレス車両が主流となっているが、新造車からは“京急らしさ”を取り戻すために、あえて全面塗装が復活する。同社の新造車としては11年3か月ぶりの全面塗装車両であり、ステンレス車の全面塗装は関東大手私鉄として初の試みとなる。その皮切りとして、2018年1月に6両編成1本、2月に8両編成1本の営業運転開始が予定されており、今後の新造車についても17次車と同様の仕様を予定している。

 

また、車内の情報提供装置(LCD)が2画面に拡大。従来の路線案内や乗り入れ先の路線などが2画面で表示されることで、より詳細な情報が案内される。さらに、4言語(日・英・中・韓)表記やピクトグラム(路線記号)表示により、増加する訪日外国人利用客の利便性向上を図る。

 

なお、京急の創立120周年となる2018年2月からの営業を予定している8両編成については、創立120周年に合わせ、車体番号に1200番台を使用する。

 

 

【新1000形(17次車)の車両の導入について】

 

■導入開始予定
6両編成 2018年1月~
8両編成 2018年2月~

 

■車両数
6両編成2本 計12両(車体番号1613~)
8両編成3本 計24両(車体番号1201~)
※来年度(18次車)以降の新造車(新1000形)についても同様の仕様を予定。

 

■仕様
・車体の全面塗装
従来の新1000形(ステンレス車)では、先頭部のみ普通鋼に塗料を用いて塗装し、そのほかはカラーフィルムをラッピングしていたが、17次車においては全面エナメル塗装とすることで、ドア周りや窓枠まで赤と白を基調とした“京急らしさ”を表現。

 

・2画面一体型の情報提供装置(LCD)
各ドア上に2画面一体型の情報提供装置(LCD)を設置し、路線案内などの案内を表示。「路線案内表示」や「広域路線表示」については、2画面で表示することで、より詳細な路線図を観覧できる。また、乗り換え案内にはピクトグラム(路線記号)を採用するほか、各案内についてはすべて4言語(日・英・中・韓)表記となる。

 

 

 

■その他
・ロングシート部の袖仕切りの大型化
・連結面車端部の片側に4人掛けボックスシート(2掛け補助イス付き)を導入 
・ボックスシート部にサービスコンセント2口を設置
※16次車と同様の仕様。
※車両長さ、扉数などは、従来の新1000形と同様。

 

詳しくはこちら