【NAVITIME】訪日外国人観光客向けナビゲーションアプリ『NAVITIME for Japan Travel』、バス停の多言語表記に対応

NAVITIME

株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、 2017年8月17日(木)より、訪日外国人観光客向けナビゲーションアプリ『NAVITIME for Japan Travel』にて、バス停の多言語表記に対応開始いたします。
 
このたびの対応開始に先駆けて、四国運輸局と協力し、四国のバス停約5,000ヶ所のデータに対応いたします。
対応するバス停は、徳島、香川、愛媛、高知の主なバス路線の停留所で、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の4言語の表記に対応しています。
利用者は、バス利用を含むルート検索結果と時刻表画面にて、言語設定に応じた言語でバス停名を確認することができます。
 
アプリ内のデザインを実際の表記に合わせることで、安心してバスをご利用いただくサポートができればと考えております。
ナビタイムジャパンは今後も、訪日外国人観光客のニーズについて調査を行い、日本の受入環境整備に貢献いたします。

 

【サービスイメージ】

四国運輸局データ対応イメージ.png
 
●『NAVITIME for Japan Travel』について
訪日外国人向けに、徒歩・電車・バスを組み合わせたルート検索(「JAPAN RAIL PASS」や「駅ナンバリング」にも対応)や、フリーWi-Fiや主要な観光スポットのオフライン検索などの機能や、観光ガイド記事などを提供。
iOS     :https://itunes.apple.com/us/app/navitime-for-japan-travel/id686373726?mt=8(URL)
Android OS  :https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.inbound.walk(URL)
・価格 ダウンロード:無料
有料機能:7日チケット 7.99ドル、30日チケット 16.99ドル、1年チケット 59.99ドル
 
「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。