【JR北海道】「Kitacaエリア列車運転状況」の試験モニター公開開始について

JR北海道

JR北海道では、昨年12月より試験モニター公開中の「札幌駅列車運行情報」を、平成29年7月13日(木)からKitacaエリア54駅を対象に「Kitacaエリア列車運転状況」として拡大することを発表した。

 

■「Kitacaエリア列車運転状況」のサービス概要
・kitacaエリアの駅を発着する列車の運休情報や遅延情報がパソコン、スマートフォン、タブレット端末で確認可能。
※一部システムエリア外のため表示が出来ない区間や一部臨時列車等は表示されない場合あり。
※遅延情報は5分以上の遅れを5分単位で表示。
・提供時間は5:00~25:00まで。

 

■サービス開始日
平成29年7月13日(木)朝5時から以下のURLで確認可能。
http://traininfo.jrhokkaido.co.jp/monitor/(こちら)

 

■利用方法
JR北海道のウェブサイトから「Kitacaエリア列車運転状況」ページへアクセスし、路線から駅名を選択。または、駅名検索にて駅名を入力して、希望の駅の運行情報を確認。

 

 

・利用にあたり、会員登録等は不要。
・利用料金は無料。※通信にかかる費用は利用者負担。
・運行情報は自動更新されないため、更新ボタンで情報を更新。※実際の運行と異なる場合あり。

 

詳しくはこちら(PDF)