【東京急行電鉄】6月28日(水)「中目黒高架下」グランドオープン! ~時間と空間をシェアする“高架下の商店街”に新たな2店舗がオープン!~

東急電鉄

東京急行電鉄が東京地下鉄株式会社と共同で開発を進めてきた「中目黒高架下」では、2017年6月28日(水)に、施設内に新店2店舗がオープンし、全区画開業となる。

 

この施設は2016年11月22日(火)、東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下空間約700mのエリアに開業した。レストランや雑貨・食物販店舗、事務所など28店舗が立ち並ぶテナント構成で、開業以来、多くの利用者でにぎわっている。

 

今回、「原トリッパ製造所」、「中目黒伍燗 GALLERY亀八堂」、「おばんざいソウル小町」の所在するH区画に新たな2店舗がオープンし、これをもって「中目黒高架下」はグランドオープンとなる。
モダンな内装空間で楽しむ新スタイルの焼き鳥スタンド「鳥見日和~Happy Birds day~(ハッピーバーズデイ)」は新業態として、から揚げバル「スパイシーフライヤーズ」は恵比寿本店に続く2店舗目としてそれぞれオープンする。

 

また、開業時から順次オープン予定とされていた個性豊かなオフィス・ショップなどが立ち並ぶ「NAKAME GALLERY STREET」内の全10店舗が5月に開業。さらに5月にはアメリカを拠点に活躍する2名のアーティストが招待され、目黒区の協力のもと、真っ白の高架下の壁をキャンバスに見立てて、街の新たなアートスポットとなる35×2mの巨大ウォールアートが完成している。

 

詳しくはこちら