【JTB】ハウステンボス入場券 二次元コード印字サービス開始

JTB

JTBグループのei.JTBは、現在「JTB レジャーチケット」にて取り扱いがあるハウステンボス入場券に対し、お客様入場の利便性向上に向けた新たな取組を実施する。
 
JTBホームページ「現地観光プラン レジャーチケット」は、全国約4,000件の遊園地・テーマパークや動植物園・水族館、美術館・博物館など、様々なレジャー施設のお得なチケットを掲載している。
チケットの購入は、全国大手コンビニエンス・ストア (ローソン、ファミリーマート、セブン‐イレブン、ミニストップ、サークル K・サンクス)のマルチメディア端末にて「発券手数料0円」で購入可能。
 
今回の新たな取り組みとして、コンビニにて発券されるハウステンボスの入場券に二次元コードを印字し、ハウステンボスの入場ゲートにかざすことで直接入場できるサービスを開始する。
 
また、JTBホームページでは“ハウステンボス特集”を展開し、コンビニチケットの利便性が向上したことを発信していくという。
 
※詳細は特集サイトをご覧ください。
・ハウステンボス特集 https://opt.jtb.co.jp/huistenbosch_ticket/ ※6 月 9 日(金)よりオープン
・JTB 現地観光プラン レジャーチケット https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/default.aspx
 
 
詳しくは、JTBプレスリリース(PDF)へ。