【JR九州】人吉球磨を感じる旅 「かわせみ やませみ」車内販売商品 初夏のメニューについて

JR九州

JR九州で「人吉球磨を感じていただける旅」をテーマに3月から運行を開始された「かわせみやませみ」。
食材豊富な人吉球磨の旬を感じていただきたいという想いから、車内販売商品のメニューが四季毎に替られており、6月上旬からは車窓に広がる夏の球磨川と旬の食材に触れる旅が楽しめます。

 

■球磨の四季彩弁当と郷土料理つぼん汁セット(※土日祝日のみ2号~数量限定販売)
「地元で採れた旬の食材で作るおばちゃん達の愛情弁当」をテーマに、郷土の家庭料理「ひまわり亭」が開発したオリジナルのお弁当とお汁物のセット。今回は、「夏色」をイメージしたお結び3種類、新じゃがの揚げ団子など人吉球磨の旬を味わえる全8品。祭りや祝い事などで振舞われてきた人吉球磨地方に伝わる郷土料理「つぼん汁」がセットになっています。地鶏の旨みと醤油がきいた野菜たっぷりの逸品だそうです。6月上旬より初夏メニューへ切り替わります。

 

 

■スイーツセット「くまのスイーツボックス」(※土日祝日のみ2号~数量限定販売)
人吉球磨の豊富な食材を使った絶品スイーツのセット。「地元食材」と「旬」にこだわった人吉の名店「ポエム」の自信作。初夏のメニューは、人吉球磨の「粉茶」を使った「ガトー・テ・ヴェール」と球磨の恵みヨーグルトを使った「ヨーグル・ミルティーユ」の2種類のセットです。車窓の景色と人吉の旬のスイーツをお楽しみください。

 

 

■常時3銘柄が楽しめる「球磨焼酎」(平日:3号~6号、土日祝日:2号~6号で販売)
主原料はお米と人吉球磨のお水で、製造方法と貯蔵方法の違いから、「減圧」「常圧」「樽熟成」の3種類に分けられる球磨焼酎。車内では、28蔵元の中から、この3種類の焼酎を四季ごとに銘柄を替えて提供されています。6月下旬~7月上旬にかけて順次下記3銘柄へ切り替わります。

 

 

■客室乗務員オススメの商品
平日3号~6号、土日祝日2号~6号の車内では、客室乗務員が厳選した沿線のおつまみやジュースなども販売されています。

 

 

詳しくはこちらをご確認ください(PDF)