【JR西日本】「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」運行開始に向け 旅の始まりを彩る「瑞風ラウンジ京都」が完成

JR西日本

西日本旅客鉄道株式会社は、6月17日に運行開始が迫る新たな寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の旅で、お客様の旅の出発を彩るラウンジが完成したことに際し、報道公開が実施されました。
この「瑞風ラウンジ京都」は、京都駅のホテルグランヴィア京都に位置し、「瑞風」の車両インテリアを監修された、浦一也氏が監修されたものです。

 

1 「瑞風ラウンジ京都」について
「瑞風」車両に通じる「ノスタルジック・モダン」の調度品や備品を取りそろえ、「瑞風」の特別な旅の出発にふさわしい空間やおもてなしの提供が予定されています。お荷物のお預かり、ドリンクやスイーツの提供に加え、公益社団法人京都市観光協会の協力のもと、京都の文化にゆかりのある方にご高話をいただきます。
「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の「美しい日本をホテルが走る」のコンセプトのもと、「瑞風」の「チェックイン」と出発前のおもてなしが提供されます。

 

2 ご高話に関して
下記の方々のご高話が予定されています。(2017年5月現在一行程につき1名の高話)

 

・鈴鹿可奈子氏(聖護院八ッ橋総本店:専務取締役)
・笹岡隆甫氏(華道未生流笹岡家元)
・大西清右衛門氏(釜師)
・大原千鶴氏(料理家)
・荒木稔雄氏(魚三楼:九代目当主)
・川尾朋子氏(書家)など

 

3 ドリンクやスイーツの提供に関して
瑞風ラウンジ京都では、京都ならではのドリンクやスイーツが用意されています。

 

(1)日本酒:聚楽第大吟醸エクストラプレミアム【佐々木酒造株式会社】
精米歩合40%の山田錦と、聚楽第跡地の名水「銀明水」を使い、杜氏が精魂尽くして醸し上げた当蔵最高級品質の大吟醸です。果実の様なフルーティーな吟醸香、透明感のある味わいの中にも旨味が凝縮されています。平成28酒造年度全国新酒鑑評会にて金賞を受賞されました。

 

(2)玉露:瑞風ラウンジ専用に仕上げた玉露【株式会社古畑園】
京都府では2017年4月から約1年間を「お茶の京都博」と題して、日本茶のふるさとである京都府南部の山城地域を舞台に、お茶にまつわるさまざまなイベントが展開されています。
「お茶のスペシャル・イヤー」にふさわしいおもてなしとして、京都府ならびに京都府茶協同組合の協力のもと、最高級の玉露が用意されます。
なお、茶どころ宇治で400年、小掘遠州の指導のもと始まった窯元「朝日焼」による瑞風オリジナルの茶器にて提供されます。

 

(3)スイーツ:四季の瑞風アソート【京都北山マールブランシュ】
京スイーツのお濃茶ラングドシャ「茶の菓」と季節のチョコレート「お干菓子佇古礼糖(おひがしちょこれいと)」をクラシカルな旅行かばん(瑞風グリーン)にお詰めして提供されます。

 

詳しくはJR西日本ウェブサイトをご確認ください。