【京都市交通局】案内表示器を更新した地下鉄車両の運行開始について

京都市交通局

京都市交通局では,聴覚に障害のある利用者や外国から利用者をはじめ,全ての利用者により見やすく充実した案内を目指し,地下鉄車両のうち,車両更新時期が近い烏丸線車両9編成を除く全車両(烏丸線11編成,東西線17編成)について,平成29年度から32年度までの4年間で,車内の案内表示器及び車外の行先表示器を,順次4箇国語(日・英・中・韓)表示が可能な機器へと更新(一部新設)することを発表しました。

 

このたび,烏丸線及び東西線それぞれ案内表示器を更新した車両の運行が開始されます。
今後,平成32年度までに順次,案内表示器の更新が行われます。

 

1 運行開始日
烏丸線平成29年6月 3日(土曜日)
東西線平成29年7月16日(日曜日)

 

2 対象車両
烏丸線・東西線各1編成
※平成29年度は,烏丸線5編成,東西線4編成の案内表示器等が更新され,平成32年度までに対象となる全28編成の更新が順次実施されます。

 

3 更新内容
(1)車内案内表示器
各車両の出入口扉上部に設置している案内機器です。
更新前:3色LED方式,2箇国語(日・英)表示
更新後:フルカラー液晶方式,4箇国語(日・英・中・韓)表示

 

(2)車外行先表示器
烏丸線車両の正面及び側面,東西線車両の正面に設置している行先表示器です。
更新前:
烏丸線 印刷幕方式,2箇国語(日・英)表示
東西線 3色LED方式,2箇国語(日・英)表示
更新後:カラーLED方式,4箇国語(日・英・中・韓)表示

 

詳しくは京都市交通局ウェブサイトをご確認ください。