【JR九州】JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」 大分コース4・5月のメニュー・生産者を決定!

JR九州

JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」は、昨年6月から約10ヶ月ぶりとなる今月4月28日より大分コースの運転を再開します。それに伴い、4・5月のメニューと、生産者が決定したことを発表しました。
引き続き成澤由浩シェフ監修のもと、地元大分の生産者をはじめ九州各地の旬の食材を使用したメニューとなります。
メニューの一部を紹介します。
 
 
■4・5月のメニュー 【テーマ:風薫る】
「うららかに」 NARISAWA“bento”
・福岡県 長崎県 あさりと大分県 フキの炊き込みご飯
春に美味しい福岡県、長崎県産のあさりの旨味たっぷりの炊き込みご飯に、春の爽やかな香りの大分県産フキ添え。
 
・九州産 牛肉の時雨煮と大分県 筍、木の芽の香り
九州産の牛肉を出汁、砂糖、醤油、みりん、酒で福岡県産生姜の香りをつけて煮込み、大分県産筍は、だしでさっと炊き、木の芽とともに提供。
 
・大分県 関アジの炙り、春野菜のサラダ仕立て
大分県産関アジはおろして軽く塩を振り身を引き締め、皮目を炙って香ばしく。佐賀県産グリーンアスパラガス、宮崎県産新たまねぎ、宮崎県産いんげんなどを熊本県産レモンと福岡県産はちみつの甘酸っぱいドレッシングでサラダ風に。
 
「大地」 スープ
・大分県 おおいた冠地どりのつくねとスープ
佐賀県 自然薯(じねんじょ)の団子とともに大分県産おおいた冠地どりを蒸してクリアなブイヨンをとり、昆布と鰹の一番だしと合わせて繊細なスープに。
 
「端午の節句」 カクテルスイーツ
・大分県 菖蒲とよもぎ
大分県産よもぎの蓮根もちと大分県産菖蒲の香りの葛ソースで風味豊かなカクテルに。
 
「茶摘み」 スープスイーツ
・福岡県 八女の抹茶
この時期、待望の茶摘みを迎える福岡県産の八女茶。この抹茶をわらび餅やムース、チュイルや、ソースに。小豆と白玉を添えて、鹿児島県喜界島産黒糖ジェノワーズと共に色々なテクスチャーで。
 

 
 
詳しいメニュー・生産者についてはこちら(PDF)をご確認ください。