【大井川鐡道】夜桜列車 今年は蒸気機関車が登板します

大井川鐵道

大井川鐵道は沿線にある桜の名所「家山」へ夜桜を見に行く「夜桜 SL 列車」を 3 月 31 日(金)と 4 月 1 日(土)のみ運転する。
昨年からのグレードアップとして、今年は蒸気機関車が登板し「夜桜 SL 列車」としての運転する。

桜シーズンとは言え、夜は花冷えとなりますが、列車内は蒸気機関車から供給される蒸気を使った「蒸気暖房」でじんわり暖か。ふだんは連結しない「お座敷車」「展望車」も連結し、特別感満載の列車となっている。

詳細は以下のとおり。

 

  運転概要

運転日

2017(平成 29)年 3 月 31 日(金)、4 月 1 日(土)

 

運転時間
新金谷駅発 18 時 00 分 家山駅着 18 時 28 分
家山駅発 20 時 14 分 新金谷駅着 20 時 44 分
※金谷駅~新金谷駅間は接続電車をご利用ください

 

列車編成

(←家山)蒸気機関車+旧型客車+お座敷車+お座敷車+展望車+電気機関車(新金谷→)

 

旅行代金
大人 1 名 5,500 円(展望車にご乗車の場合は 6,000 円) 小人 1 名 3,800 円
(内容:金谷~家山往復乗車券、急行料金、おつまみ、缶ビールまたは甘酒、お子様はジュースとお菓子)

 

募集人員

各日 150 名(最少催行人員 70 名) ※定員になりしだい締め切ります

 

申込み先

大鉄観光サービス本社営業所(電話 0547-46-3131)

 

  列車について

蒸気機関車
写真撮影イベントツアー「ナイトトレイン」以外で旅客列車として SL 列車が走るのはたいへん珍しいことです。夜間、ホームにたたずむ SL の凛々しさをご覧ください

 

蒸気暖房
春といえども夜はまだ冷えます。冷えた体をあたためるのは熱燗ではなく、蒸気機関車から供給される蒸気暖房。身も心もじんわりとあたためてくれます

 

電気機関車
新金谷への帰路は 1949(昭和 24)年、大井川鐵道本線電化時から在籍する E10 形電気機関車が担当。重々しいモーター音は昭和の鉄道サウンド満載

 

客車
団体専用として使うことが多いお座敷車と展望車ですが、夜桜列車には特別連結。仲間でわいわい、がやがやのひと時をお過ごしになるもよし、旧型客車でジョイント音に耳をすませながらひとり、心しずかな時間を過ごすのもよし。お好みの客車をご選択ください

 

  目的地・家山

家山は静岡県でも有名な桜の名所のひとつで 3 月 25 日(土)から 4 月 9 日(日)まで「かわね桜まつり」を行っています。昼間の桜もあざやかですが、ライトアップされた「家山の夜桜」も大変あでやか。家山川緑地公園(家山川堤防)や桜トンネルの夜桜をお楽しみ下さい。なお、旅行日あたりの夜は冷え込むことが予想されます。暖かい服装でお出かけください。

夜間

車内の様子

詳細はこちら