【JR東日本】浦和駅「エコステ」モデル駅開業について

JR東日本

JR東日本では、浦和駅「エコステ」モデル駅の整備工事が2016年9月から行われていましたが、3月12日(日)に開業を迎えます。
なお、浦和駅は、大宮支社として初の「エコステ」モデル駅※1となります。
開業を迎えるにあたり、3月12日(日)は、地元の小学生をお招きしたオープニングセレモニーとエコについて理解を深めていただくための「出前授業」※2が実施されます。

 

1オープニングセレモニー

 

開催日時 2017年3月12日(日)10時00分~10時20分頃
場所 浦和駅東西連絡通路
内容 東口壁面緑化への植樹
招待された小学生により苗が植樹されます。

 

2出前授業

 

開催日時 2017年3月12日(日)10時20分~11時30分頃まで
授業内容
(1)浦和駅「エコステ」モデル駅の解説
東西連絡通路の「見える化ディスプレイ」横で授業が行われます。
(2)さいたま市の環境の取り組み
東西連絡通路の「見える化ディスプレイ」横でさいたま市の環境への取り組みについて授業が行われます。
(3)ホーム照明の見学
3・4番線(上野東京ライン)で、ホームの照明システム※3を見学します。
(4)サーカディアン照明※4の体験
東西連絡通路でタブレットを使用し照明の変化を体験します。

 

3地域の皆さまへのご紹介

 

開催日時 2017年3月12日(日)12時00分~12時30分頃まで
場所 浦和駅東西連絡通路
内容 ポケットティッシュ配布
浦和駅を利用の方に、浦和駅「エコステ」の解説付きポケットティッシュが配布されます。

 

※1 浦和駅は、四ツ谷駅(2011年度)・平泉駅(2012年度)・海浜幕張駅(2013年度)湯本駅(2014年度)・福島駅(2015年度)に続き、6駅目のモデル駅となります。
※2 出前授業とは、当社社員が小学校に出向き、「鉄道とエコ」などのテーマで授業を行う活動です。今回は、浦和駅構内での特別編として開催されます。
※3 列車の位置情報を基に、ホーム照明の照度調整とLEDカラーで編成長を同時に制御するシステムです。
※4 人間などの生物に備わっている1日のリズムに合わせ、LED照明の調光・調色を制御する照明です。

 

詳しくはこちらをご確認ください(PDF)