【NAVITIME】路線バスのみで列島縦断出来るのか?? 全国バス会社カバー率100%達成記念!<日本縦断ルート品評会・後編>

NAVITIME

 

青森県から鹿児島県までの路線バスだけで乗り継ぐルートを出すプロジェクト。

 

前編、中編では経路が見つかるまでの経緯とそのルートの振り返り、淡路島までの行程を紹介した。

 

前編はこちらから

 

中編はこちらから

 

今回はいよいよ後編! 感動のフィナーレと実際の乗り継ぎ方法は必見です!

 

あらためて社内きっての有識者たちを紹介

Y内:社歴10年目。幼少のころから江ノ電バスや神奈川中央交通を見て育ち、社内でもとびぬけたバス知識を持つ。北海道中央バス、京都市バス、沖縄県内のバス全般などにも造詣が深い。

 

K山:社歴9年目。福岡育ちで、西鉄バスとは長年の付き合い。入社時の面接では「自作の」西鉄バス路線図を持参し、即採用された伝説を持つ。ちなみに、西鉄バスは所有台数も系統数も日本トップクラス。

 

A藤:社歴6年目。大学時代はK山氏の後輩。熊本県内のバスの知識で右に出るものはない。九州内~瀬戸内エリアにかけて路線バスだけで行けるルートは過去にシミュレートしていたとも。

 

Y永:社歴10年目。栃木県生まれで、茨城県を経て現在は練馬区在住。関東と名の付くバス会社が好き(関東自動車、関東鉄道、関東バス)。本当は高速バスの乗り継ぎのほうに興味は向いているらしい。

 

四国を経て山陽・山陰を通り下関へ

 

 

—無理すれば、この先、淡路島に渡らなくても本州の移動は可能である。

 

Y永:兵庫県を西に追っていったら赤穂市を越えて、岡山県の備前市までは行けます。今対応している路線だと吉永病院前から宇野バスの片鉄片上まで途切れています。ただし、この区間には備前市営バスが通っているので、バスに並走して徒歩というのもなんかなぁ、と思って四国に回しました。備前市営バスが導入されたら本州ルートで再度検索してみたいです。

 

—さらっと再検索というが、検索にかかる時間は3時間である。一般のサービスに提供できるものではない特殊仕様なので環境の準備にも時間がかかる。簡単に言えるものではないが…。

 

Y永:四国を通っても、本州に戻れるルートは浮かんでました。徳島バスと大川バス、を乗り継げば高松駅までは行けますし、瀬戸大橋も路線バス乗り継ぎで児島まで行けるのを知っていたからです。大川バスは2008年にデータの導入を担当していたからここは行けるぞと思っていました。

 

K山:徳島県から香川県へは引田で乗り継ぎですね。

 

Y永:ただ、高松市とと坂出市の間は路線バスが直通していないみたいなので、弓弦羽(ゆずりは)と大崎は徒歩移動となってしまいましたが(約3km)。

 

A藤:瀬戸大橋を渡って、与島で琴参バスから下電バスに乗り継ぎですか。これはいいですね。

 

 

本州に戻ってくるところで乗る下電バス。瀬戸大橋から倉敷まで利用。

 

Y永:下電バスの瀬戸大橋線は与島の先、櫃石島も通ります。瀬戸中央自動車道からは島に出入りできるランプもあるけど、一般車は進入禁止。島内の住民以外は路線バスでないと通れない道路です。

 

—なお、Y永氏は下電バスの瀬戸大橋線には乗ったことはない。それでも土地の事情に詳しいのがこの有識者のメンバーたちだ。

 

Y永:倉敷を通って浅口市に入って、井笠バスカンパニーで寄島に着きましたね。

 

Y内:鉄道の通っていないエリアを見事に路線バスが補完している、という感じですね。

 

A藤:結果として、山陽本線に並行している国道2号線も乗り継ぎでは避けるようなルートですね。

 

T尾:寄島には中国地方初のラウンドアバウト交差点があります!

 

井笠バスカンパニーの前身の井笠鉄道バス。

 

—突然1名出てきたが、この座談会の書記をやってもらっている。鉄道派。全国を巡るのが好きで、廃墟や音ゲーに強い好奇心を抱く。岡山県出身なので、当然地元に詳しい。

 

T尾:さっきの児島から倉敷に至る乗り継ぎもクールでよいと思いました。

 

—岡山出身の彼にも満足していただけたようである。

 

A藤:中国地方はここだけ徒歩でつなげばどうにでもなると思っていました。

 

—浅口市の寄島総合支所前~笠岡市の乗時(約3km)である。

 

Y永:てか、ここ見つけるの早かったよね。

 

A藤:昔、路線バスでどこまで行けるかなー、って考えてた時に、ここだけ歩かないとと思ってましたから。

 

—いよいよ九州勢が本気を出してくるエリアである。

 

 

中国バス。広島県東部がメインエリア。

 

 

A藤:それにしても、西に進まずに北上して笠原を経由してみたり…もどかしいですね。

 

Y内:電車がないところの補完という意味では理に適っているけどね。

 

K山:やっとの思いで広島県の福山まで来ましたが、ここから山陰に向かうんですね。

 

—山陽本線なら下関まで普通列車でも最小の乗換回数は1回(岩国だけ)である。なのに、路線バスの乗り継ぎは島根県へと吸い寄せられていく。

 

Y内:福山~広島市内だと、途中に広島空港があって、空港連絡バスが強い印象。路線バスでもたどれますけれども。

 

A藤:竹原経由という方法もありそうですね。

 

Y永:呉市に近づくと高速道路を通るクレアラインという罠があるから、パラメータ調整が大変になるな。。。

 

—ということで、福山からは府中、三次に着く。

 

 

備北交通バス。広島県の三次市・庄原市を中心としたエリアを走る。

 

Y永:JR福塩線に沿うように三次に行くけど、必ずしも鉄道に並行すれば路線バスがすたれるわけではなく、鉄道の運行本数なども考慮すると面白そう。

 

—余談だが、路線バスを導入した結果、鉄道路線が出にくくなるという地域がまれに発生する。

 

K山:三次から島根県の浜田に向かって乗り継ぐんですね。

 

Y永:経路の検証をしたとき、浜田自動車道を使っちゃったかな…。と地図を見たけど、ちゃんと一般道経由でした。

 

A藤:そういう経路だろうな、とは予想してました。

 

K山:えっと、島根県の浜田市に入った先の小国橋バス停で一夜を明かすことになりそうですが…。ここって何かあるんでしょうか。

 

(一同):うーん。(何もなさそう。。。)

 

A藤:ここをキャンプ地とする!ですね。

 

—時刻表の上だけで旅すると、必ず引っかかる宿泊地問題である。残念ながら経路探索エンジンでもそこまで考慮はしていない。都市に近ければ宿に困ることはないのだが。小国橋バス停付近の観光情報、お待ちしています。

 

 

石見交通バス。津和野・萩といった風情のある街を通る。

 

A藤:小国橋問題は置いといて、浜田から下関までの乗り継ぎは意外とスムーズだったりします。

 

Y永:浜田から益田~津和野~萩~長門市で乗り継いで下関まで1日で行くんだ。長距離なのにすごい。

 

A藤:1時間半以上乗るバスが連続しますからね。長門市から下関に至るサンデン交通は2時間乗りますよ。

 

—あまりに乗り継ぎがよくて、せっかくの津和野や萩といった観光地でも、遊べる時間は少ない。でもそれがいい。

 

Y永:下関から北九州へは、と(経路を検索してみる)。路線バスで関門トンネルを通る系統はないからねー、ん???

 

 

いよいよ九州。フィナーレへ。

 

 

Y永:なんだ?御裳川(みもすそがわ)~関門トンネル人道口の徒歩乗換って。誰がこんな乗り継ぎを考えたんだ!

 

A藤&K山:あ、いや、関門トンネルの歩道を通れば普通に乗り継げるよね。って。

 

関門海峡を渡る区間のルート。トンネルを徒歩で。

 

—バス停間の乗り継ぎデータは地道な運用でメンテナンスしている。概ね、駅前のバス停の南口と北口といったところを設定しているのだが、ここの有識者たちは単純なことでは終わらない。有意性があればもれなく徒歩接続を設定しているのだ。ちなみに、ここ以外の紹介してきた10か所の徒歩区間については今回のオリジナルなので、サービス上では反映していない。さすがに10km以上の徒歩区間を表示させるとクレームが来る。

 

Y永:かっこよすぎる。そう!こういう乗り継ぎこそ、ここでしかできないと思っていたよ。ほんと、後輩は成長したなぁ(しみじみ)。

 

—バスのみの検索をしなければ、まずこの乗り継ぎは出ない。

 

Y永:そんな九州勢だから、あとは何も心配することはなかったです。

 

Y内:経路が出てくるもの早かったですからね。

 

A藤:北九州と福岡の西鉄バスは都市高速経由の系統があるので、それも回避させるようにパラメータを調整しました。

 

K山:そうね。直方通って、博多に着いて、二日市から甘木に抜けるよね。

 

A藤:熊本に向かう定番の路線みたいなものです。

 

—きっと今までの人生で何度もシミュレートし、乗っていたのだろう…。

 

 

国内最大級のバス会社の西鉄バス。九州のバスに乗るなら必ず乗るであろう。

 

A藤:最後のオリジナルの徒歩区間として、福岡県八女市の山中と熊本県山鹿市の鹿北道の駅を設定しました(約2.5km)。この区間は路線バスもあるのですが、土休日のみなので、一応設定した感じです。

 

—うまく直通するバスに乗り継げるのなら、この徒歩は使わなくてもよい。でも、こういうリカバリも大事。

 

Y内:熊本県に入ると、JR鹿児島本線に並走するようなところもあるけど、途切れることなく鹿児島県まで乗り継げるのですね。

 

A藤:はい。数年前に産交バスの路線改廃もありましたが、南北方向の路線バスは維持されたみたいです。

 

Y永:ほぅ、まつはしを通るのか。

 

A藤&K山&Y内&T尾:いや、「まつばせ」です!

 

—地名の読み間違いには厳しい有識者である。

 

産交バス。熊本県内を縦断するには欠かせない会社。

 

Y永:出水から鹿児島空港に向かう南国交通のバスも一般道経由ですね。

 

A藤:国鉄山野線の廃止による代替も兼ねているようです。

 

Y永:水俣からも鹿児島空港までのバスもあるのか。でも、停留所から判断すると、栗野~空港は九州道経由か・・・。

 

Y内:どうやら、バスの時刻表から察するに、一般道経由の所要時間と一致するみたいなんです。だから、高速を回避しているのでこの路線を使うのもありですね。

 

A藤:走っているバスの形も、明らかに路線バス仕様ですし。

 

南国交通バス。県内の都市からのバスはだいたい空港に通ず。

 

—時刻表から通る道路までも推測できる領域に達しました。おそるべし。そして、いよいよゴールの日である。

 

Y永:最終日は、鹿児島空港から3本の乗り継ぎで終点です。

 

(一同):長かったですね~。

 

—振り返りに2時間かかりました。

 

K山:ふれあいセンターなんですが、以前はホテル佐多岬という名前でした。このほうが風情があったのですが。

 

A藤:諸事情で名前が変更されてしまいましたね。

 

アンカーとなる鹿児島交通バス。このバスに乗るころには21日間の思い出に浸るに違いない。

 

Y永:諸事情ついでに、経路探索エンジンのお話も…。実は経路が22日を超えると経路が算出できないのでは…?という問題があったようで。

 

—21日と6時間2分というのは、本当にギリギリだったのである。とはいえ、こんな潜在能力を持っていたんだと思うと、経路検索エンジンにも感謝しなければなるまい。

 

Y永:佐多岬まではまだこの先1時間半ほど歩く必要があるみたいですね。

 

T尾:そういえば、新しい展望台ができたみたいです。

 

Y永:ならば、ここまで路線バスが延伸してくれると…うれしいね。

 

(一同):ですよね~。

 

 

佐多岬。最後は徒歩。自分を信じて歩くのみ。

 

エンディング

 

こうして、路線バスの旅(座談会)は終わった。

 

最後に、今回の経路検索で出てきた行程表をご覧いただきたい。

 

この長々とした記事を、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

最後に今回の路線バスのみルートの行程表を大公開!!

 

 

 

 

 

top photo By DVMG from Wikimedia Commons

top photo By Rsa from Wikimedia Commons

top photo By Rsa from Wikimedia Commons

top photo By Psjk2106 from Wikimedia Commons

top photo By Nishiko from Wikimedia Commons

top photo By 久留米市民 from Wikimedia Commons

top photo By hyolee2 from Wikimedia Commons

top photo By Muyo from Wikimedia Commons

top photo By hyolee2 from Wikimedia Commons

top photo By Vihiqebia from Wikimedia Commons