【南海鉄道】南海そばで話題の「年明けうどん」を発売!

南海電鉄

南海電鉄グループで駅ナカ飲食店を経営する南海エフディサービス株式会社が経営する駅そば店「南海そば」では、紅白のめでたい彩りが正月らしさを感じさせる「年明けうどん」(460円・税込)を、1月1日(日)から15日(日)まで発売する。(※発売開始日は店舗により異なる)。
「年明けうどん」とは、「年明けうどん普及委員会」(所在地:香川県高松市)が提唱する、元旦から 1 月15日までに食べるうどんのことで、白いうどんに赤い具材を添えた紅白のめでたい彩りが特徴。うどんは太くて長いことから長寿を祈る縁起物であり、年の初めに食べることでその年の人々の幸せを願うものとされる。
南海そばの「年明けうどん」は、年明けうどんらしい紅の具材である紀州産“梅”と白の“餅”、そして、黄色の“生卵”を彩りよくトッピングしたのが特徴で、「寿」と印字されたかまぼこととろろ昆布で新年の“よろこび”を表現している。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

 

1.商品名および発売額

「年明けうどん」 460円(税込)

 

2.内 容
年明けうどんらしい紅の具材である、紀州産“梅”と白の“餅”、そして黄色の“生卵”を彩りよくトッピングしたのが特徴で、「寿」と印字されたかまぼこと、とろろ昆布で新年の“よろこび”を表現している。

 

3.発売店舗および発売期間

「南海そば」
・なんば駅3F店(南海電鉄難波駅3F改札内)1月1日(日)~15日(日)
・なんば駅2F店(南海電鉄難波駅2F改札内)1月2日(月)~15日(日)
・新 今 宮 店(南海電鉄新今宮駅構内) 1月2日(月)~15日(日)
・天 王 寺 店(JR天王寺駅構内) 1月1日(日)~15日(日)
・和 歌 山 店(南海電鉄和歌山市駅改札内)1月4日(水)~15日(日)
・三国ヶ丘店(南海電鉄三国ヶ丘駅改札外)1月4日(水)~15日(日)
※店舗により発売開始日が異なる。

 

元の記事はこちら(PDF)