【埼玉高速鉄道線】浦和美園駅 大型パブリックアート作品 世界的著名漫画家 高橋陽一氏 原画監修の大型ステンドグラス設置決定

埼玉高速鉄道

公益財団法人 日本交通文化協会は、埼玉高速鉄道株式会社の協力のもと、一般財団法人日本宝くじ協会の「社会貢献広報事業」の助成を受け、埼玉高速鉄道線浦和美園駅に大型のパブリックアートを設置することを発表した。

設置が決まったパブリックアートは、世界的著名漫画家・高橋陽一氏が原画・監修を手がける大型ステンドグラス作品となっており、モチーフとなっているのは「大空翼」をはじめとする、国内のみならず海外においても大きな影響を与えているサッカー漫画『キャプテン翼』に登場する選手たち。

現在、高橋陽一氏が浦和美園駅のために特別に描き下ろした原画をもとに、ステンドグラススタジオ、釉薬研究施設、焼成サンプル室、ショールームなど多数の施設を完備する国内第一級のパブリックアート工房「クレアーレ熱海ゆがわら工房」で、ステンドグラス職人が製作している最中だという。

■当事業の目的
① 世界的著名漫画家である高橋陽一氏の原画をもとにしたステンドグラス作品によるパブリックアート普及の重要性を訴求。
② ステンドグラスを通じて芸術に慣れ親しむことによって、社会モラルが高まる環境の創出
③ 埼玉の観光資源開発と地域活性化への貢献

■設置場所
埼玉高速鉄道線浦和美園駅改札外窓面
埼玉県さいたま市緑区美園4-12

■規模
縦 1.59m 横 19.75m

■原画
世界的著名漫画家 高橋陽一氏

詳細はこちら