【東京メトロ】Bトレインショーティー「銀座線 1000系特別仕様車」、「日比谷線 13000系」を2017年10月14日(土)から発売!

東京メトロ

東京地下鉄株式会社と株式会社メトロコマースでは、東京メトログッズの新アイテムとして、銀座線 1000系特別仕様車、日比谷線 13000系車両をリアルに再現したBトレインショーティー「銀座線 1000系特別仕様車」、「日比谷線 13000系」を2017年10月14日(土)から発売する。
なお、10月7日(土)に日比谷公園で開催される「第24回鉄道フェスティバル」会場、東京メトログッズショップ「メトロス 押上店」で先行販売が行われる。

 

「銀座線 1000系特別仕様車」、「日比谷線 13000系」Bトレインショーティーの詳細
Bトレインショーティー 銀座線 1000系特別仕様車
商品概要:銀座線開通当時の旧1000形をモチーフにした特別仕様車両モデル。通常の1000系とは異なり前照灯の一灯化、内装の手すり及び握り棒を真鍮色に変更されている車両で、旧車両でなじみ深いポイント通過時に点灯した非常灯も再現されている。
製品仕様:1/150スケール、先頭車+中間車の2両セット、彩色済キット(ユーザー組み立て)、行き先シール付き
価格:2,300円(税込)

 

Bトレインショーティー 日比谷線 13000系
商品概要:2017年3月25日から本格運用を開始した日比谷線13000系をモチーフにした車両モデル。13000系は、直通運転を行なっている東武鉄道70000系と共同設計されており20m×7両編成、4ドアの仕様になっている。フリースペースや優先席の位置なども統一されている車体。
製品仕様:1/150スケール、先頭車+中間車の2両セット、彩色済キット(ユーザー組み立て)、行き先シール付き
価格:2,300円(税込)

 

※Bトレインショーティーとは
車両のリアリティーはそのままに長さをショートカットした組み立て式の鉄道模型で、各パーツは着色済みとなっており、接着剤を使用しないため、簡単に組み立てることができる。

 

詳しくはこちら(PDF)