【JR西日本】京都鉄道博物館でラストステージ!103系電車を期間限定で展示へ

JR西日本

京都鉄道博物館では、JR西日本の営業線とつながっている引込線を活用し、さまざまな現役車両を展示している。
大阪環状線を約48年間走行してきたオレンジ色の103系電車は、10月3日(火曜日)をもって、営業列車から引退する。今回、最後まで運行する編成の一部車両が特別に展示される。

 

■展示期間
2017年11月3日(金曜日・祝日)から6日(月曜日)まで

 

■車内公開時間
各日10時から15時まで

 

■展示場所
本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリア

 

■展示車両
103系電車2両

 

【オレンジ色 1両】
大阪環状線で最後に運用をし、10月3日に引退する編成の先頭車両(クハ103形843号車)
※京都鉄道博物館では、103系のトップナンバーである「クハ103形1号車」も本館プロムナードに常設展示している。

 

【黄緑色 1両】
大和路線とおおさか東線などで運用していた先頭車両

 

※営業線を運転して搬入されるため、輸送上の都合により展示の中止や展示車両を変更する場合あり。

 

詳しくはこちら