【JR西日本】「後藤総合車両所一般公開」について

JR西日本

JR西日本の車両基地である後藤総合車両所では、毎週、車両を検査する検修業務など社員が働く姿や、鉄道車両整備職場ならではの珍しい設備を見学できる「後藤総合車両所見学ツアー」を実施しているが、今回、さらに多くの方に「鉄道をもっと身近なものとして感じてもらう」ことを目的に「後藤総合車両所一般公開」を開催すると発表した。
詳細は以下の通り。
 
1 開催日時
2017年10月14日(土曜日)10時から15時まで
 
2 開催場所
後藤総合車両所本所(鳥取県米子市日ノ出町2丁目1番1号)
 
3 展示・公開内容
今年はJR発足30周年イベントとして、旧型ラッセル車とキヤ143形新型ラッセル車を並べて展示し、初めて運転台を公開する。

 
※注釈:内容が変更となる場合がある。
 
4 入場料
無料(缶バッチ、記念入場証がもらえる。)
 
5 交通アクセス
・鉄道(境線を利用)
(富士見町駅下車徒歩5分)
・車
ホープタウン(鳥取県米子市米原2丁目1-1)屋上駐車場が利用可能。。
(ホープタウンから徒歩15分)
 
6 その他
雨天決行(一部内容変更の場合あり)
荒天中止の場合あり。
 

詳しくはこちら

top photo By あなたのサンドバッグになりたい from Wikimedia Commons