【京都市交通局】”地下鉄に乗るっ”ポスターコラボレーション企画「地下鉄に乗って、無鄰菴に行こう!」

京都市交通局

京都市交通局では、地下鉄沿線施設の活性化を通じて、地下鉄の利用促進を図るため、地下鉄PRコンテンツ“地下鉄に乗るっ”シリーズと地下鉄沿線施設とのコラボレーション企画を実施している。

 

この度、明治時代の名園として国の「名勝」に指定されている明治・大正の元老「山縣有朋(やまがたありとも)」の別荘「無鄰菴(むりんあん)」とコラボレーションし、ポスターが制作・掲出されるとともに、無鄰菴へお越しの方への同ポスターのプレゼント企画が実施される。

 

1 コラボレーションポスターの制作及び掲出
今回のポスターでは、「無鄰菴」で、母屋の縁側から、東山を借景とした庭園を愛でる地下鉄・市バス応援キャラクターの「松賀咲」が描かれる。また、密かに庭師の剪定の様子を間近で見る地下鉄マスコットキャラクター「都くん」も描かれている。

 

【掲出期間】
平成29年9月4日(月曜日)から約3箇月間

 

【掲出場所】
地下鉄駅構内、地下鉄中吊り広告枠、無鄰菴など

 

2 コラボレーション記念プレゼント
下記の対象期間中、「無鄰菴」に入場される際に、当日利用の「市営地下鉄1dayフリーチケット」を提示された方に、今回のコラボレーションポスター(B1サイズ又はB2サイズ、いずれか1枚)がプレゼントされる。
※お一人様1枚限り
※B1サイズ、B2サイズそれぞれ先着200名様(なくなり次第終了)

 

【対象期間】
平成29年9月7日(木曜日)~平成29年10月11日(水曜日)

 

【無鄰菴の開場時間等】
開場時間は、午前8時30分~午後6時。
入場料は、お一人様410円(小学生未満は無料)。
※市営地下鉄1dayフリーチケットをお持ちの方は100円引き。

 

無鄰菴(むりんあん)について
明治27(1894)年~29(1896)年に造営された明治・大正の元老山縣有朋の別荘。無鄰菴は庭園と母屋・洋館・茶室の3つの建物によって構成されており、庭園は施主山縣有朋の指示に基づいて、七代目小川治兵衛により作庭され、昭和26(1951)年に国の名勝庭園に指定された。母屋は簡素な木造2階建ての建物で、洋館は新家孝正(にいのみたかまさ)の設計による煉瓦造り2階建ての建物。茶室は古田織部(ふるたおりべ)好みの代表的茶室である、藪内流燕庵(えんなん)を模して作られている。

 

詳しくはこちら