【北陸鉄道】路線バス・特急バス 新車導入について

北陸鉄道

北陸鉄道グループは11月25日(金)、路線バス(バリアフリー対応)や大型特急バスを計23両導入した。
今回導入したすべての路線バス車両では初めて、ベビーカーを折りたたまずに乗車できるようになり、車内に専用の固定ベルトを設置した。ベビーカー固定ベルトの利用方法は、下記の通り。

 

15108_babycar
そのほか、今回導入したバスは全車、平成27年度燃費基準達成車、平成21年(ポスト新長期)排出ガス規制適合車、自動車NOx・PM法適合車となっており、人と地球にやさしい環境対応車となっている。
大型特急バスは衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報装置などの安全機能を装備しており、温泉特急線(加賀ゆのさと特急)で運用する。

 

15108_bus01

 

◆導入会社

北陸鉄道株式会社    大型ノンステップ車両 8両
北鉄金沢バス株式会社  大型ノンステップ車両 12両
北鉄奥能登バス株式会社 中型ノンステップ車両 1両
加賀白山バス株式会社  小型ノンステップ車両 1両
加賀温泉バス株式会社  大型特急車両    1両

 

◆参考(乗車定員)

大型ノンステップ車両   77~86名乗り
中型ノンステップ車両   57名乗り
小型ノンステップ車両   32名乗り
大型特急車両      54名乗り

 

◆大型特急車両の主たる車両装備

・衝突被害軽減ブレーキシステム

・空気清浄機
・車線逸脱警報装置

・AC100Vコンセント(窓側22席)