【Peach】エアバス A320neoの導入を決定~A320ceoも発注し、合計13機を発注~

Peach Aviation 株式会社

Peach Aviation 株式会社(以下:Peach、代表取締役 CEO:井上 慎一、本社:大阪府)では、2016年11月18日エアバス社(社長兼最高経営責任者(CEO)ファブリス・ブレジエ)の A320neo の導入を決定し、10機の購入契約を締結。
A320neo を発注するのは、日本のLCC(低コスト航空会社)として初めて。さらに、A320ceo 3機の購入契約も締結した。

A320neo の初号機は2019年夏までに受領する予定で、既存の機材更新のほか、事業拡大にともなう新規導入機材として使用する。A320neo は、新型エンジンと大型のウイングチップであるシャークレットといった翼端デバイスなどの最先端技術を採用しており、これにより従来型機と比較し、大幅に燃費が向上し、CO2の排出量も削減されるなど優れた環境性能を有する航空機となる。
Peachが運航している機材は全て新造機で、現在運航しているA320ceo 18機は、2019年より順次A320neoに更新する。
また、今回事業拡大のために発注した A320ceo 3機については、2018年度中に受領する予定となっている。

 
fireshot-capture-1401-http___www-flypeach-com_application_files_4714_7937_8912_161118-press

イメージ:導入を決めたA320neo

 
【Peach が導入する A320neo の概要】
契約内容: 10 機
納入時期: 2019 年度第 1 四半期に初号機を受領予定(以降、約 2 年間で計 10 機を受領予定)
エンジン: 未定
装備座席数: 188 席(予定)

 
【Peach が導入する A320ceo の概要】
契約内容: 3 機
納入時期: 2018 年度中にすべて受領予定
エンジン: CFM56-5B4
装備座席数: 180 席