【クラブツーリズム】村治佳織クラシックギターコンサートin世界遺産・薬師寺

クラブツーリズム

クラブツーリズム株式会社は、法相宗大本山薬師寺(奈良県奈良市西ノ京町、管主:村上太胤、以下薬師寺)の協力の元、2017年9月22日(金)に「村治佳織クラシックギターコンサートin世界遺産・薬師寺」を開催、関連ツアーが6月10日から発売されました(10コース、日帰り~2泊3日、出発地:首都圏、東海地区、関西地区、旅行代金:2万3800円~15万9000円)。

 

薬師寺は「法相宗(ほっそうしゅう)」の大本山で、南都七大寺のひとつに数えられる大寺院です。昭和43年以来、「白鳳伽藍(はくほうがらん)の復興」を目指して再建が進められており、平成29年5月、薬師寺白鳳伽藍の主要堂塔のひとつである食堂(じきどう)の復興が完成しました。堂内には日本画家・田渕俊夫画伯により描かれた食堂ご本尊「阿弥陀三尊浄土図」を中心に、全長約50メートルにわたる壁画「仏教伝来の道と薬師寺」が奉納されています。

 

このツアーでは、閉門後の薬師寺境内をクラブツーリズムが貸し切り、僧侶の案内付きで拝観した後に、完成したばかりの食堂で、世界的に有名なクラシックギタリスト村治佳織さんの特別コンサートが開催されます。当日は「アルハンブラの思い出」(F・タレガ)、「花は咲く」(菅野よう子 / 小関佳宏編)等の美しい演奏のほか、トークも楽しめます。

 

<村治佳織プロフィール>
15歳でCDデビュー。フランス留学帰国後、本格的なソロ活動を展開。その後N響を初め国内外主要オーケストラとの共演も多い。 2003年英国の名門クラシックレーベルDECCAと日本人としては初の長期専属契約を結ぶ。昨年10月『ラプソディー・ジャパン』をリリース。本年4月より毎土曜20時~J-WAVEでナビゲーターを務める。

 

■「村治佳織クラシックギターコンサートin世界遺産・薬師寺」(ツアー一例)

 

<神社仏閣めぐりの旅>『村治佳織クラシックギターコンサートin世界遺産薬師寺と案内付きで見学する京を彩る重要文化財 2日間』

 

出発日: 2017年9月22日(金)
旅行代金: おひとり89,800円(1泊2日)
行  程: 
〔1日目〕
首都圏出発→新幹線で京都へ
→興福寺(「永遠の美少年」国宝・阿修羅像仮講堂特別開扉)
→秋篠寺(「東洋のミューズ」重文・伎芸天像拝観)
→薬師寺(村治佳織のクラシックギターコンサート/僧侶の案内付きで夜間特別拝観)
→奈良県内のホテル(泊)

 

〔2日目〕
奈良→本野精吾邸
→南禅寺金地院(長谷川等伯筆「猿猴捉月図」、重文茶室「八窓席」特別拝観)
→養源院(俵屋宗達筆「白象図」「唐獅子図」拝観)
→京都大学花山天文台(88年の歴史を持つ天文台特別公開)
→京都から新幹線で首都圏へ帰着

 

詳しくはクラブツーリズムウェブサイトをご確認ください。