【京都市交通局】「深夜バス」の運行について

京都市交通局

京都市交通局では、京都駅と阪急桂駅を24時に発車する「深夜バス」を平日と土曜日に運行されています。
市バスでは夜間時間帯にも便利に市バスを利用できるよう「おかえり交通充実大作戦」に取り組んでいるそうです。
運行時間帯を24時以降まで拡大した「深夜バス」についてご紹介します。

 

■各系統の紹介
◇京都駅前から河原町通・銀閣寺方面へ運行するMN17号系統
◇桂駅西口から洛西ニュータウン方面へ運行するMN特西3号系統
◇京都駅前から西大路通・金閣寺方面へ運行するMN205号系統
◇北大路駅から高野・銀閣寺方面へ運行するMN204号系統(平成29年3月実施の市バス新ダイヤで新設)
の4つの系統が運行されています。

 

■深夜バス路線図

 

 

■深夜バスの特長
【MN17号系統、MN特西3号系統、MN205号系統】
◇京都駅前、桂駅西口を24時に発車します。
◇平日・土曜ダイヤ時に運行されます。
日曜日、祝日、年末年始(12月29日から翌1月3日まで)及びお盆(8月14日から16日まで)は運行されません。

 

【MN204号系統】
◇烏丸北大路を24時45分に発車します。
◇地下鉄の金曜日終電延長日に運行されます。(お盆期間及び年末年始を除く。)
◇MN205号系統から続けて乗車できます。
◇系統番号には、深夜(Midnight)をイメージする「MN」が表示されます。

 

◇運賃は通常運賃の倍額です。
【MN17号系統、MN205号系統、MN204号系統】
大人460円、小児230円
*MN204号系統は、MN205号系統から続けて乗車しても1乗車分の運賃で利用できます。

 

【MN特西3号系統】
桂駅西口→三ノ宮街道(大人320円、小児160円)→京都明徳高校前(大人380円、小児190円)→境谷大橋(大人480円、小児240円)

 

また、回数券やトラフィカ京カードなども利用できます。
定期券や一日乗車券で利用される場合には、割増分をお支払いください。

 

(例)市内中心フリー定期券を利用し、MN17号系統に乗車される場合
→定期券を提示し、230円を別途お支払いください。

 

■鉄道からの乗継のご案内

 

 

※ 電車の運行に遅延が発生した際には、乗換できない場合があります。

 

詳しくは京都市交通局ウェブサイトをご確認ください。