【JR西日本】訪日外国人向け関西統一交通パス「KANSAI ONE PASS」レギュラー販売開始

JR西日本

西日本旅客鉄道、阪神電気鉄道、阪急電鉄、京阪電気鉄道、近畿日本鉄道、南海電気鉄道、大阪市交通局、神戸市交通局、京都市交通局の鉄道9社局、関西経済連合会(以下、関経連)および関西国際観光推進本部は、関西への訪日外国人旅行者の受け入れ環境整備の一環として、訪日外国人旅行者向け関西統一交通パス「KANSAI ONE PASS」のレギュラー販売を、2017年4月17日(月曜日)から開始すると発表しました。

 

1 「KANSAI ONE PASS」のレギュラー販売について

 

「KANSAI ONE PASS」は、昨年4月から試験販売が行われてきたチャージ式交通ICカードで、JR西日本の「ICOCA」をベースとし、「ICOCA」エリアや「PiTaPa」エリアなど、「ICOCA」利用可能エリアの鉄道・バスを1枚のカードで周遊でき、また関西国際空港内の約60店舗を含めた約200カ所のショッピング施設や観光スポットにおいて優待特典を受けることができます。
2月末までの販売数は50,000枚を突破しており、訪日外国人旅行者の利用者により広く、深く、便利に関西を周遊してもらうための基本ツールとして、今回、レギュラー販売に移行されるそうです。

 

レギュラー販売にあたって、価格が3,000円から2,000円に変更され、お求めやすくなりました。
2017年度は90,000枚の発行が予定され、関西空港駅および京阪神の各社局主要駅を中心に19カ所で販売され、販売時には鉄道路線マップ付き利用ガイドが配付されるとともに、専用のウェブサイト(http://kansaionepass.com/)では優待特典情報や関西の観光情報が照会できます。
カードには引き続き、関西にゆかりのある手塚治虫氏のイラスト「鉄腕アトム」とともに、「はなやか関西」シンボルマークが掲載され、訪日外国人旅行者へのKANSAIブランドの浸透が図られています。

 

※試験販売中の3,000円券は残券がある限り販売され、窓口からなくなり次第販売が終了されますが、引き続きご利用いただけます(優待も有効)。

 

2 「KANSAI ONE PASS」の概要

 

(1)名称
「KANSAI ONE PASS」(関西ワンパス)

 

(2)価格
2,000円(デポジット500円+利用額1,500円)
※チャージ上限20,000円までです。

 

(3)販売枚数
2017年度:90,000枚(予定)

 

(4)販売条件
訪日外国人の利用者に限定して販売
※販売時にパスポートを確認(日本国以外の政府などが発行した旅券を有し、「短期滞在」に該当する在留資格を有するお客様に限り、ご購入、ご利用できます)

 

(5)券面デザイン
・関西にゆかりのある手塚治虫氏のイラスト「鉄腕アトム」を起用
・「はなやか関西」シンボルマークも合わせて掲載

 

(6)販売開始日
2017年4月17日(月曜日)

 

(7)販売箇所
各社局主要駅など19カ所

 

 

※試験販売中の3,000円券は、残券がある限り販売され、窓口からなくなり次第販売終了します。レギュラー販売開始後も引き続きご利用可能です。優待も有効です。

 

(8)利用可能エリア
「ICOCA」エリアや「PiTaPa」エリアなど、「ICOCA」利用可能エリア(鉄道・バス)

 

(9)主な特長
・JR西日本の「ICOCA」をベースとしたチャージ式交通ICカード。
・カードの提示により、関西国際空港内の約60店舗を含めた約200カ所のショッピング施設や観光スポットにおいて優待特典が受けられます。
・専用のウェブサイト(http://kansaionepass.com/)において、「KANSAI ONE PASS」の利用方法、優待特典情報および関西の観光情報(約500カ所)を確認できます。
・カード販売時に、関西広域の鉄道路線マップ付き利用ガイドを配付します。利用ガイドには、上記ウェブサイトに誘導するQRコードを掲載しています。
・上記ウェブサイトおよび鉄道路線マップ付き利用ガイドは、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語の4言語に対応しています。

 

詳しくはJR西日本ウェブサイトをご確認ください。