【ANA】隈研吾氏監修  ANA国内線ラウンジ リニューアルのおしらせ

ANA

ANAではこの秋、隈研吾氏監修のもと新千歳空港のANA国内線ラウンジをリニューアルオープンすることを発表。あわせて、国内線プレミアムメンバー向けの最上級ラウンジ、「ANA SUITE LOUNGE」が新設となる。
2018年度以降は福岡・伊丹・沖縄空港においても、ANA国内線ラウンジのリニューアルが進められ、今後導入する機内プロダクトのデザインも隈研吾氏監修の予定となっている。
 

1. 新千歳空港ANA LOUNGE(国内線)リニューアルの概要
・新しいラウンジのコンセプト
「一期、一会」
“積み重ねた時間”と“きらめきの瞬間”が融合する、ANAならではのおもてなし空間をつくり上げたいという想いを「一期、一会」に込めたデザインコンセプト。
第一弾となる新千歳空港では、「大空の玄関」と「翼につつまれる空間」をテーマに新デザインを展開。
・改修工事期間
2017年3月15日~2017年9月初旬(予定)
・「ANA SUITE LOUNGE」の新設について
新千歳空港において、国内線プレミアムメンバー向け最上級ラウンジ、「ANA SUITE LOUNGE」が3階エリアに新設。ワインやプレミアムビール、パンやスープなど既存のANA SUITE LOUNGEのサービスに加え、北海道にまつわるメニューが用意される。
・「ANA LOUNGE」の拡張について
現在のラウンジから面積を約2倍に拡大し、3階エリアに移転。滑走路に面した東側は全面ガラス張りの大きな窓を設け、遠くには北海道の山々も望める、明るく開放的な空間にリニューアル予定。
・ユニバーサルデザインカウンターの導入
ラウンジのユニバーサルデザインを推進するとともに、ラウンジの受付では、おからだの不自由な方も快適に利用できる、ユニバーサルデザインに配慮した高さの低いカウンターを導入する。

 

2. ラウンジに直結するANAプレミアムチェックインカウンターの新設
ラウンジに直結する優先チェックインカウンターおよび保安検査場を2階エリアに新設予定。
 
詳細については下記PDFをご参照ください。
隈研吾氏監修により ANA国内線ラウンジをリニューアルいたします(PDF)