【東武鉄道】2/16(木)より 亀戸線で昭和30年代の試験塗装車両をイメージしたリバイバルカラー車両を運行!

東武鉄道

東武鉄道では、亀戸線(曳舟~亀戸)および周辺の下町エリア活性化を目的として、2月16日(木)より昭和30年代の一時期に採用されていた、グリーン色の車体に白色系の帯を締めたカラーリングをイメージしたリバイバルカラー車両(8000系車両)1編成の運行が開始されます。

 

これは、昨年運行を開始した昭和30年代の「標準色」のカラーリングを再現したリバイバルカラー車両(インターナショナルオレンジ色の車体にミディアムイエロー色の帯)が好評であることから、今年は第2弾として、同時期に運行していた他のカラーリング車両をイメージし、運行されるものです。
今年のリバイバルカラー車両は、昭和30年代に試験塗装車両として、わずか4両のみに塗装され運行していたものをイメージした非常に珍しいものです。
また、同車両運行初日の2月16日(木)には、亀戸線沿線の幼稚園児が招待され、亀戸駅にて出発式が開催されます。

 

亀戸線 昭和30年代の試験塗装車両をイメージしたリバイバルカラー車両の運行等について

 

1 使用車両・運行区間など

 

(1)使用車両:8000系車両(8568編成・2両)1編成
(2)再現方法:塗装
(3)運行期間:2017年2月16日(木)より当面の間
(4)運行区間:亀戸線(曳舟~亀戸)
※車両運用の都合上、運行されない日があるほか、大師線(西新井~大師前)で運行されることもあります。
※運行区間、運行時刻については東武鉄道各駅(東上線を除く)または東武鉄道お客さまセンターにお問い合わせください。
東武鉄道お客さまセンター ℡03-5962-0102(営業時間8:30~19:00 年中無休・但し年末年始を除く)
(当日分のみ。なお変更となる場合がございますのでご了承ください。)

 

2 出発式について

 

(1)日時:2017年2月16日(木) 13:35~14:20
(2)場所:亀戸線 亀戸駅2番ホーム
(3)出席者:
あづま幼稚園(最寄:亀戸線 小村井駅)に通う幼稚園児 約30名(予定)
東武鉄道株式会社 営業部 スカイツリーライン営業支社長 高橋健一
東武鉄道株式会社 亀戸駅長 落合正士
(4)内容:亀戸線沿線の幼稚園に通う5名の代表幼稚園児(当社の制服を着用)と一緒にリバイバルカラー車両の前でフォトセッションと亀戸駅長による出発指示合図の掲出を行う出発式が行われるほか、リバイバルカラー車両へ幼稚園児が乗車し、車内でイベントが行われます。

 

詳しくはこちらをご確認ください(PDF)