【京急電鉄】 3月1日(木)から「KEIKYU-BUS FREE Wi-Fi」スタート

京急電鉄

目的地への移動中もフリーWi-Fiでインターネットが利用可能に。
「KEIKYU-BUS FREE Wi-Fi」が3月1日にスタート
空港・中距離バスおよび夜間高速バス251台で順次サービス提供を開始する。
 
京急グループの京浜急行バス株式会社とエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社は、2018年3月1日(木)から羽田空港・成田空港・横浜駅を主要な起点とする空港・中距離バス、および品川・横浜から各地を結ぶ夜間高速バス、計251台でフリーWi-Fiサービスの提供を順次開始する。
 
京浜急行バスでは、訪日外国人の増加により旅行先でのインターネット利用環境に対する需要が高まっていることから、NTTBPのフリーWi-Fiを導入し、より便利な無料インターネット利用環境を提供。
 
本サービスでは、バス車内でスマートフォン、タブレット等の通信端末を利用し、トップページや対応アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」(以下、「Japan Wi-Fi」)から、初回にメールアドレスまたはSNSアカウント(Facebook、Twitter等)を使って利用登録を行うことで、簡単にフリーWi-Fiに接続・利用できる。
 
また、本サービスは、NTTBPが提供しているスマートフォン向け認証アプリ(無料)「Japan Wi-Fi」に対応しており、本サービスの利用登録をされた方は、「KEIKYU-BUS FREE Wi-Fi」だけでなく、すでに「Japan Wi-Fi」に参画している他のエリア(日本全国の主要空港、主要駅、観光施設など約16万アクセスポイント※)でも手軽な操作で簡単にフリーWi-Fiを利用できる。
 
京浜急行バスでは、今後も、訪日外国人の方々のさらなるサービス向上に取り組んでいく。
 
今回開始するフリーWi-Fi(無料公衆無線LANサービス)について

※空港・中距離バス(左)・夜間高速バス(右)
 
サービス名称
「KEIKYU-BUS FREE Wi-Fi」(SSID:KEIKYU-BUS_FREE_Wi-Fi)
 
サービス開始日 
2018年3月1日(木)から順次導入開始し、3月末までに全台導入予定 ※ 導入済み車両についてはエリアサインを貼り付け
 
サービス提供場所および台数
提供場所:京浜急行バスの空港・中距離バスおよび夜間高速バス車内
台数:計251台
 
対応言語
英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語・日本語 計5言語
 
利用方法
・京浜急行バス車内にてSSIDまたはアプリ「Japan Wi-Fi」から「KEIKYU-BUS FREE Wi-Fi」に接続
・初回利用時には「メールリターン方式(メールアドレス)」または「SNSアカウント方式(Twitter、Facebook等)」で利用登録
・登録完了後、120分間(1日4回まで)フリーWi-Fiが利用可能
 
通信事業者
エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社
 

「Japan Connected-free Wi-Fi」について
本アプリは、NTTBPが提供するスマートフォン向け認証アプリ(無料)だ。「KEIKYU-BUS FREE Wi-Fi」は「Japan Wi-Fi」に対応する。これにより、一度アプリの利用登録を行えば、「KEIKYU-BUS FREE Wi-Fi」のエリアに加えて既に「Japan Connected-free Wi-Fi」に参画している他のエリア(日本全国の主要空港、主要駅、観光施設など約16万アクセスポイント)でも手軽な操作でフリーWi-Fiを利用できる。詳しい利用方法等については、NTTBPのホームページへ http://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.html (URL)
 
※ アクセスポイント数は2018年1月末現在。
※ アプリのダウンロードは2018年1月末現在で約320万ダウンロードに達している。
※ 同アプリを利用するほか、ブラウザで個別に利用登録を行うことでも、「KEIKYU-BUS FREE Wi-Fi」を利用できる。
 
詳しくはこちら